座右の銘

こんにちは。KIRINOです。

今日は勉強する中で出会った、言葉であり、

僕の座右の銘にしようと決めた言葉を紹介します。

有名なものにはなりますが、

「神よ、変えることのできないものを受け入れる落ち着きと、変えるべきものを変える勇気と、そして、両者を見分ける知恵を与え給え」

ラインホルド・ニーバー(1892~1971)
アメリカの神学者、ラインホールド・ニーバーの祈りの言葉です。

第二次世界大戦時、この言葉を記したカードが兵士たちに配られたらしく、

戦後はアルコール依存症患者への断酒メッセージとなったらしい。

変えられるものは自分自身であること。

変えられないものは自部以外のもの。

自分にも代えられないものがある。

それは、もって生まれた造形。

しかし、内面は変えられる。

言動・思考・筋肉・習慣など、意識すれば変えることが出来る。

(筋肉がない面であるかは微妙だけどw)

顔のパーツを変えることが出来なくても、メンタルが育てば表情が変わる。

変えられないものに時間を費やしたところで時間の無駄。

変えられるものに集中しよう。人生は長くない。

そして、変えられるものと変えられないものを見極めることから始めよう。

これは、座右の銘ではないです が、

KIRINOが成長するうえで意識していることです。

・自分が得意なことで戦っていく。
・自分のメンタルをコントロールすることが出来るようになることが大事。
・習慣を作れば強くなれる。自分がしてきたこと、することに自信が持てるようになる。
・体を鍛える。理想とする体は自分の心の写し。

「神よ、変えることのできないものを受け入れる落ち着きと、変えるべきものを変える勇気と、そして、両者を見分ける知恵を与え給え」

この言葉は、すごく心に刺さりました。

人を変える努力はいくらやっても無駄だということ。

しかし、自分を変える努力を惜しんではだめだということ。

そして、それを見極める力が必要ということ。

僕は、どうしても人を変えようとしてしまいます。

変わらないとわかっていても、

こうなれば救われる。

だから手伝ってあげなくては、

など、いっぱいおせっかいを焼いてしまいます。

それは、余計なお世話だった。

本来は、自分の理想を追い求めるのが普通なのに

僕は、他人の理想を実現したい。

他人の理想=僕の理想

そしてそれを強要して、

束縛をしていました。

なら、どうすれば相手を適度に愛することが出来るのか。

実はそれが分かりません。

だから、勉強をして、

経験を積んで、

分かっていきます。

KIRINO

コメント

タイトルとURLをコピーしました