今日の学び「エクスプレッシブ・ライティング(筆記開示法)」

こんにちは。KIRINOです。

ここでは今日僕が学んだことを書いていきます。

今日は、「エクスプレッシブ・ライティング(筆記開示法)」についてです。

これは、メンタリストのDaigoさんの切り抜きで知りました。

こちらの動画です。

エクスプレッシブ・ライティング(筆記開示法)とは簡単に言うと、

毎日。感情や思考を言語化することです。

具体的なやり方を調べてきました。

<エクスプレッシブ・ライティングの書き方>

  • 気持ちに向き合う準日が出来た時に書く。
  • 出来事から時間が経ってから書いてもOK。
  • 無理に書こうとしたり、ルール化しない。書けないと感じたら書かない。
  • 分量・誤字脱字は気にせずに書きたいことを書く。句読点、スペル、文法に注意を払う必要はない(正しい文章じゃなくてよい)
  • 自分のあらゆる感情を書きだす。
  • 書くことがなくなったら、すでに書いたことを繰りかえす。
  • 自分のために書く。
  • 出来たら毎日8分以上する。

<書き出すことの一例>

  • 自分自身が抱えている悩み、漠然とした将来の不安
  • 人間関係の悩み
  • 自分の家族の悩み
  • お金の不安
  • 健康の不安

<エクスプレッシブ・ライティング(筆記開示法)の注意点>

実は、エクスプレッシブ・ライティング(筆記開示法)には注意しないといけないことがあります。

それは、

「過去の出来事に纏わるネガティブ感情は、嫌な記憶の強化に繋がるので絶対にやってはいけない」

ということです。

・悩み
・不安

と言った未来に対する心配を書き出した場合に筆記開示は効果を発揮するが、

・愚痴
・後悔
・怒り

といった、

「過去の出来事に纏わるネガティブ感情は、嫌な記憶の強化に繋がるので絶対にやってはいけない」

らしいのです。

なので、筆者のKIRINOは、

「毎日20分間、エクスプレッシブ・ライティングをする。

 内容は、今感じているものをありのままに書く。

 でも、過去の出来事にたいしてのことは書かない

 素直に自分と会話すること」

を、大切にして続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました